SEKKACHi:

Vo/Gu Watanabe

Ba/Cho Daisuke

Dr/Cho Naoki

2010      SEKKACHi 結成

2011       新宿ACBをホームに都内中心に活動

2011.5.11    Daisuke前バンドとSEKKACHiが運命の?対バン

2013.5.29     1st CD "ALL RIGHT" 発売

2013.10      Ba Tony脱退

2013.11      Ba/Cho Daisuke 加入

2014.2       池袋KINGSX TOKYOを中心にライブ活動再開

2014.7      Dr Kyu脱退

2014.8      Dr/Cho Naoki加入

2015.1       バンド名、Food Intakeに改名

2015.Spring  Food Intake (ex. SEKKACHi ) 解散

   "SEKKACHi" formed originally in 2010 with Vo&Gt Watanabe, Ba Tony, and Dr Kyu. Since 2011, they've actively performed on many stages; mainly "Shinjuku ACB".

 

   On 11 May, 2011, Daisuke's previous band and SEKKACHi played together at "Ikebukuro Manhole", which gotta be their destiny, they wonder. At last, on 29 May, 2013, they released their 1st CD "ALL RIGHT". The CD is now avaivable on "Amazon", "TOWER RECORDS Online", and "their shows".

 

   In November 2013, however, Ba Tony left SEKKACHi all of a sudden, then Daisuke joined the band as not a mere bassist but a singing one. Since February 2014, they've restarted to perform on new stages such as "Ikebukuro KINGSX TOKYO". In July 2014, Dr Kyu left Tokyo for his bright future, and Naoki joined SEKKACHi as a new Drummer.

 

   In January 2015, "SEKKACHi" changed their band's name to "Food Intake".


   In Spring 2015, Food Intake (ex. SEKKACHi) was forced to break up 'cause of their lives.

 

   Please look forward to what and how each of them gonna do with music from now on!!

 

Explained in English by Ba&Cho Daisuke XD

※メンバーブログはこちら

※1st CD "ALL RIGHT"の詳細はこちら

2014年7月脱退、↑旧ドラムKyuへのメッセージ:


2011年、前バンドでSEKKACHiと対バンをしたとき、

演奏後、気さくに話しかけ、乾杯してくれたのがDr. Kyuさんでした。

※他のメンバーは怖くて、その日、一言も話せなかった(笑)

 

それから、SEKKACHiのライブに呼んでもらったり、

CDリリースにあたって英語サポートで参加したり、

気がつけば、Ba&Choで加入し共に演奏している自分がいます。

それら、全てのきっかけを与えてくれたのはKyuさんでした。

 

自分は誰よりも強く、楽しくドラムを叩くKyuさんの姿が好きでした。

Kyuさんの人生に幸あれ!(*゚▽゚)ノ

あっ、便乗して、自分にも(切実)!o(;△;)o

 

from Ba&Cho Daisuke

 

きゅーさん ありがとう。

きゅーさんはとても良い人(時間はマイペース)

メンバー募集で知り合って4年くらいかな?

あっという間だった

色々と貴重な経験ができました

本当に感謝しています

この経験を生かして精進していきます

きゅーさんも頑張って下さい

ありがとうございました


from Vo/Gu Sumio Watanabe